​D14

認知症をテーマに5名の高齢者ダンサーと制作。認知症デイケアを舞台に、彼女たちの幼少期の記憶が淡いのように浮かび上がっては儚く、時に残酷に打ち消される。

この作品のリサーチのため、前納はベルリンの認知症デイケアを視察。ドキュメンタリー的な要素を含みながらも、観客を非現実の空間へ誘う意欲作。

ベルリン芸術大学提携研修コース(振付・ダンス教育者学科)を修了した際の最終プロジェクトとして発表した。

演出・振付:前納依里子

振付・ダンス:Eva Bondy, Anna Mockler, Petra Reichelt, Heidemarie Rohdewohld, Marion Wildenhayn, 明石真理恵

映像インスタレーション:大倉由記香

スペシャルサンクス:Andreas Rath, Stascha Musiol, Nadja Raszewski, Tagespflege die AUE, TanzTangente

Photo/ Yoriko Maeno
Photo/ Yoriko Maeno

Photo/ Yoriko Maeno
Photo/ Yoriko Maeno

1/7