CANARY

〜"S"の様相〜

 

JCDN主催「踊りに行くぜ!2」のプログラムに選出され、青森市でのレジデンスを経て創作された初めてのグループ作品。2010〜2011年にかけて松山、鳥取、青森、東京の4都市にて公演。東京という世界的メガシティの人々や都市的現象に取材し、都市生活者の孤独、欲望、他者への無関心と渇望を、機械的に人間が管理される資本主義的社会システムを対置し、SF的な世界観で描く。

演出・振付:前納依里子

出演:飯塚友浩、石田未来、羽生圭江、前納依里子

演出助手:松尾望

美術:羽生圭江、前納依里子

映像:進也、山田酩酊

制作:Japan Contemporary Dance Network

© 2019 Yoriko Maeno