脳に障がいを持った画家・田中瑞木の作品や作家本人の人生をテーマに、実力派のダンサー、シンガーソングライター、音楽家やハーモニカ奏者、朗読など、多彩なジャンルの表現がカラフルかつファンタジックな世界を作り出す。2012年東京で初演、2013年新潟魚沼市の寺のお堂にて再演。多くのダンスパフォーマンスを見たことのない観客の心を揺さぶった。

​MIZUKI

<新潟公演感想>

「夢草堂でのご公演のシチュエーションはとてもユニークで、映像が映し出された時、過去現在未来も創作もごちゃまぜでググッと引き込まれていきました。(中略)人が変わる時、頭で理解して変わるものでなく、こんな真心のやりとりで人のこころは動くということ…」

(桐鈴凛々、第91号、発行:社会福祉法人桐鈴会)

演出・振付:前納依里子

振付・ダンス:小山衣美 松尾望 吉村摩耶 前納依里子

音楽:西川裕一

歌:香蓮

朗読:中村明日香

ハーモニカ:今泉裕

美術・衣装:前納依里子

音響:米村武

記録写真:飯嶋康二

制作:NPO法人海から海へ

新潟公演主催:社会福祉法人桐鈴会

© 2019 Yoriko Maeno